7/12 「ロードレーサーで華麗に曲がる!」セミナー中級編

7/12(日)
ウォークライドさん主催「ロードバイクで華麗に曲がる!」セミナー中級編を受けてきました。


今年1月に受けた初級編がかなり良いセミナーだったので凄く楽しみでした。

「ロードレーサーで華麗に曲がる!」セミナー

今回の中級編のセミナーも2時間。
講師は初級編と同じくウォークライド・須田コーチ。

最初は初級編のおさらいでバイクの上で重心移動の確認。相変わらず自分のイメージと実際の動きがズレてました…

ここから中級編で初めての内容です。
まずは「ブレーキング」
コーナリングの肝はコーナーに突入する前に自分が制御できるスピードに落としておくことです。制御できないスピードでコーナーに突っ込んだ時は…お分かりですね。そのためのブレーキングの練習。
ブレーキのかけ始めと停止位置の距離を変えながら何回か練習しました。やはりこれも自分のイメージと現実がズレてました。
「スピード×荷重のかけ方×ブレーキの性能×路面コンディション=バイクの挙動」
この数式の引き出しの中からコントロールできる領域が増えるほどいろんな状況に対処できるようになれるのでいろいろ試していきたいと思います。
それから咄嗟の時は反射的に両手をギュッと握って前後同時にブレーキをかけてしまいがちですが、そういう時に前後別々の力加減でブレーキするとキャパシティと引き出しが増えると、よく考えたら当たり前ですが今まで全く気がつかなかった事を教えてもらって目から鱗でした。


その次はカートのコースに出て実際に走ってコーナリングの練習。
ひとつのラインに拘らずいろんなライン、バイクを倒す曲がり方、体を倒す曲がり方いろいろと試す練習でした。
「スピード×走行ライン×荷重移動×グリップ性能×路面コンディション=コーナリング」
やはりここも引き出しが多いほど良いと教えていただきました。


最後に2列縦隊でカートコースを走行しました。
これを公道(貸し切り状態のレースは除く)でやったら法律的にアウトなので並走しながらコーナリングする機会がなかなか無いので非常にありがたかったです。
最初は縦横大きく車間が開いてましたがだんだん慣れてきて詰めて走れるようになりました。


以上でセミナーは終わりです。


ロードレースは技術の引き出しが少なくても案外なんとかなる種目みたいなので技術面が伸びにくいみたいです。
しかし、技術の引き出しが多いほうがレースを優位に進められる事が出来ますし、自分よりフィジカルが強い相手に勝てるようにもなります。
あとはワットを伸ばすか、技術を伸ばすか…僕は欲張りなので両方伸ばすつもりです!!


そして、オフロードで走ると、ロードと比べて飛躍的に技術面が伸びるそうなのでシクロクロスも積極的に乗るようにしたいです。


今回も良いセミナーでした。
ウォークライド・須田コーチありがとうございました。
「ロードレーサーでオフロードを走る!」セミナーが実現したら受講したいです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。