チャリ問答

9/20(日)
最近思うことがあります…


今朝、ピストバイクで街道練習中に思いました。
以前よりピストバイクはロードバイクより自転車に使う筋肉に正しく壊せると思って練習に取り入れさせてもらってます。


フィジカル強化のための筋トレは種目、トレーニングの狙いに問わず正しいフォームで正しく体に負荷をかけて「効かせる」のが基本だと思っています。


一方、ロードレースでは「効かせる」走り方をしてるとあっという間に脚がなくなり好成績は望めません…


そこで(番手とか他者が絡む要素は置いておいて)省エネなペダリング、空気抵抗の少ないフォーム等々「効かせない」で速く遠くまで走れる能力が必要になります。しかし、ある一定のレベル以上になるとベースとなるフィジカルが弱いと通用しなくなる。


自転車競技者的にフィジカルを鍛えたい場合、筋トレでベースとなる筋肉(筋力)を鍛えてそれを自転車に合わせた動きに最適化させるために「効かせる」乗り方をする時期が必要なんじゃないかと思い始めた時に、成績を残すための「効かせない」乗り方を突き詰めていく事と正反対だと気がつきました。


何だか「禅問答」みたいです。


ペダルを漕ぐだけの単純な動作の繰り返しですが奥が深いですね。


楽しんで突き詰めていきたいと思います。


とりあえずこれから松戸競輪場で開催中のオールスター競輪(G1)観ながらトップ選手の筋肉と体の使い方を観察してきます。
(応援に熱入って観察出来なさそうですがw)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。