7/17 JBCF石川サイクルロードレース・DNF

7/17(日)
JBCF石川サイクルロードレース・JPTに参戦しました。


舞台は福島県石川郡の公道を使った1周13kmの周回コース。


JPTは周回コース外をパレード走行してから周回終盤の登坂区間に入ってからリアルスタート。ゴール地点を通過してから7周なので7周+α(登坂区間8回)です。


パレード走行直後(0周目)の登坂区間ですでに集団ほぼケツまで落ちてて虫の息…


辛うじてゴール地点を集団通過して1周目、一発目の右コーナーで落車発生!!自分は最後尾にいたので関係なく落車した選手を横目に直後の登坂に入りそこで千切れました…


千切れた登りの後の下りで先程落車してたブリッツェンとUKYOの選手がきたので後ろに付かせてもらいます。


登りそこそこ、下りは休まず、そしてコーナリングが上手くてとても勉強になります。


そして、メイン集団からパラパラと落ちてきた選手を拾って崖っぷち集団を形成しながらアップダウン区間を越えて終盤の登坂区間で何人か落ちて自分はギリギリセーフ。


2周目も集団からパラパラ落ちてきた人を拾って最高時には7~8人いました。今回は自分もローテーションに入ります。アップダウン区間で変な上げ方する人がいてイナーメ・北野プロが一喝して登りそこそこ下り休まずになるように調整してくれたので助かりました。この後この変な上げ方する人から落ちていくんですけどねw


そしてこの周終盤の登坂区間で崖っぷち集団からも千切れました。千切れた後ゴール地点を単走で通過する際、フィッツ、セオ以外の方からもたくさんの声援を頂き力になりましたが、次にゴール地点を通過する事は叶わず3周目で脚切りをくらいDNFとなりました。


脚切りを言い渡された直後、アドレナリンが切れたからなのかレース中はだいじょうぶだった脇腹の痛みが響いてきていろいろ切なかった。


聞いた話だと3周目に逃げが成立してペースが落ち着き6周目に再びペースが上がったとか…聞いた話じゃなくて体験出来るレベルになりたいです。


20160719004216e97.jpeg
自分の能力を考えれば順当な結果。ベースからお話にならないレベルなので練習あるのみです。


20160719004217c0e.jpeg
スタート前、セマスレーシング会長様とどぐまん君と1枚


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。