9/25 JBCF赤城山ヒルクライム

9/25(日)
JBCF前橋クリテリウムに続きJBCF赤城山ヒルクライムJPTに参戦してきました。


この日は茨城でシクロクロス出ようかなと思ってましたが、JBCFには2イン1という対称レースに二日間出走するとポイント2割増とかいう悪習があり、もしシーズン終わった後に僅差でチームランキング届かなかったり落ちるような事があったら悔しいので赤城山ヒルクライムの出場を決めました。


舞台は群馬県赤城山。ホビーレースで大人気の赤城山ヒルクライムと併催というかパラサイトした感じで普段のJBCFレースでは見たことないほどの自転車と人でお祭りです!


JPTは朝一番の6:55スタート。実は赤城山が初めてでクライマーでもないからノープラン。チームメイトから聞いた話だと序盤緩斜面→中盤で勾配が厳しくなる→後半で少し緩くなってカーブが増えるのはずですが、序盤からいい勾配(当社比)なうえにペースが速くてHP削られまくりです。出来るだけ集団に貼り付いて少しでも距離とタイムを稼ごうと思ってましたが、鳥居のところで集団からこぼれました…


そこから後は自分のペースでコツコツ完走を目指してたらホンダ栃木の石井君と同じくホンダ栃木の小長谷さん(一発で変換できないから以下「コワレ」)が追いついてきて3人パックになる。


石井君はこんなとこにいるような選手ではないのでどうしたのかと思ってたら凄く調子悪そう…
コワレさんとはJET時代似た時期に同じクラスタを走っていて追いつけ追い越せでやってきた腐れ縁。互いにコイツにだけは負けたくないと思ってたはず、限りなく最下位に近い位置で無意味な我慢比べが始まるw

4~5kmくらいの間一緒に走った末、コワレさんに振り切られ勝負あり。

しかし、
前日のクリテは僕が勝ちました。
前日のクリテは僕が勝ちました。

大事な事なので2回言いましたw

これのおかげで中だるみする一番心折れそうな時間帯を降りずに凌ぐ事ができたのでコワレさんに感謝です。


終盤標高高いところにきて体が冷却されて楽になりちょっと復活。日が昇る前から登って待ってたであろうギャラリーの方の応援に応えるため見た目だけでもと下ハンダンシングでフィニッシュ。


1:16:16で108位でした。


5分後スタートのE1に抜かされ、さらにはFクラスにも抜かれ散々でグダクダで苦しいヒルクライムでした。しかし、マトリックスの佐野選手はあの巨体でほぼジャスト一時間で登るので体重は言い訳にならない。登れるマッチョ目指したいと思います。


14523300_1808543442732892_7488980448131219770_n.jpg
Photo:(c)gg_kasai
よりによって5分後スタートのE1・側溝大尉さん(linkTOHOKU)に抜かされてるところを撮られるとは!!最近不思議な縁を感じますw
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。